金華まちづくり協議会(自治会連合会 各種団体)公式HP
岐阜市金華校区コミュニティ情報サイト

互金助愛ごきんじょあい
金華きんかでお互い助け愛” ネットワークサービス GNS

GNS Gokinjyoai Network service
where people living in the "Kinka", Gifu City, help each other

ホーム金華日々徒然 金華の景色四季折々エッセー 水琴亭 原三溪顕彰茶会に寄せて「原富太郎翁と早稲田大学」奥島孝康 第14代早稲田大学総長

水琴亭 原三溪顕彰茶会に寄せて「原富太郎翁と早稲田大学」奥島孝康 第14代早稲田大学総長

2020.03.20 188

原富太郎翁と早稲田大学

第14代早稲田大学総長 現学事顧問
奥島 孝康

原 富太郎
横浜三溪園

 岐阜県羽島郡柳津町(現岐阜市)出身である青木富太郎は、明治18年草創期の早稲田大学に入学し法律を学んだ。後、横浜の豪商原善三郎の家督と事業を嗣ぎ原姓となった。氏はその事業を近代的な会社組織にして製糸業を経営し、生糸と絹の輸出によって全国有数の大事業家となった。
 明治45年、渋沢を委員長とする基金管理委員会の委員となった原は、おそらく早稲田大学校友のなかで、もっとも早く実業界で名を知られ、大学に貢献のあった人であろう。
 三溪と号した原は、横浜の本牧に三溪園を造園した人として広く世に知られ、東西の著名人が数多く訪問し、逗留したこの三溪園は、今日の国際文化交流の拠点としての役割をも果たしている。また原は、自ら集めた日本画、中国陶磁、仏教美術等によって日本、東洋の芸術の価値を世界に知らしめ、国外へ散逸することを防ぐことに貢献した。

三溪園 紀州徳川家別邸 臨春閣

 だが、なによりも私が、勇気づけられるのは氏の精神からである。関東大震災によって横浜は壊滅的な被害を受け、蚕糸貿易も危機におちいったとき、原は、横浜貿易復興会の会長に推され、短期間のうちに、横浜の生糸輸出の主導権を復活させる手腕をみせた。
 さらに横浜市長、県知事ら関係代表二百余名は、横浜市復興会会長に原を選出した。三溪園を訪れた市長の懇請を引き受けた原は、復興会創立総会で演説し、その記録が『横浜復興誌』に残されている。「開港以来蓄積してきたすべてが一朝の煙と消えたが、これは横浜の外形を焼き尽くしたにすぎない。横浜の本体とは何か。市民の精神である。市民の元気である。市民の中心となる原動力がここに集まっておられる以上は、市民の本体は厳然として存在する。われわれは先づ自ら背水の陣を布いて、身を捨ててかからなければ、他からの同情も援助も期待できない。個々の対立を超えた協力の下に行おう。」という趣旨を説き、復興に貢献した。

三溪園 鶴翔閣

 昭和14年、原が亡くなったとき、横浜市は緊急市会を開き「故原富太郎氏生前ノ功労ニ対シ感謝文贈呈ノ件」を議し、満場一致の賛成で感謝文を贈った。
 私は校友原の非常の時に力を発揮した精神を誇りに思う。

三溪園 合掌造り 矢箆原家
LINEで送る
Pocket

回覧板
  • 岐阜市金華校区回覧板
  • 岐阜市洪水ハザードマップ
互金助愛だより
金華の広場
金華を知る
金華の子育て・医療・介護支援
子育て困りごと
PC用 ぎふし子育て応援アプリ
団体のおたより
その他

その他